新型コロナウイルスの影響による突然の臨時休校要請。共働き家庭が参考にしたいサービス

新型コロナウイルスの影響による臨時休校要請により、働く私たち親は3月をどう乗り越えるか頭を悩ましていますよね。突然の発表に日本中が混乱しているなか、さまざまな企業が動き出しています。

ここでは子育て家庭が参考にしたいサービス情報をまとめます。最新情報は、各社サイトにてご確認ください。

1.特定の子育て家庭100世帯へ、幼児食を無償提供

1〜6歳頃までの幼児食期に特化した幼児食ブランド「homeal(ホーミール)」を運営するhomeal株式会社は、医療/保育/教育/福祉関係等の子育て家庭100世帯へ、homeal3食セットを無償提供

包丁いらず!温めるだけで栄養たっぷりのメインのおかず(幼児食)が完成するので、料理が苦手なパパにも助かりますね。

包丁いらずで温めるだけで親子一緒に食べれる「homeal」

プレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000049206.html

2.ベビーシッター割引支援

24時間スマホで呼べるベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」は、ベビーシッターの割引による支援を開始。

プレスリリースはこちらhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000112.000011508.html

3.子ども向け知育アプリを無償提供

子ども向けアプリ教材開発・運営などを行うワンダーラボ株式会社は、世界規模で広がるコロナウイルスの現状に鑑み、家庭で思考力を育てられるアプリ「シンクシンク」の有料コースを1か月間、無償提供する。休校で在宅が増える子ども向けの対応。

プレスリリースはこちらhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000012970.html

4.送迎・託児などを地域でシェア

子どもをひとりで家において出るのは不安。安心して子育てをシェアできるアプリ「子育てシェア」は、知らない誰かより、普段の自分や子ども、地域のことを知っている人と子育てを助け合う仕組みです。

サービスはこちら
http://asmama.jp/kosodate-share/

5.オンライン授業を無償提供

N高で導入しているオンライン学習アプリ「N予備校」を全ての方に無償で提供し、オンライン授業を無料開放。

詳細はこちら
https://nnn.ed.jp/news/blog/archives/10023.html?fbclid=IwAR3Mrt61Lv3GWuqYbRfyOG5XYPnAAsFPVUdT0-iFH5wTn2WpO0we5m0LhZ0

6.小中高生対象に無料でお弁当をお届け

日替わり夕食宅配を行う「ワタミの宅食」にて、新型肺炎による小学校・中学校・高校の休校要請を受けて、3月9日~4月3日の期間、小学生・中学生・高校生を対象に商品代相当無料、お届け諸経費のみ(1食あたり200円/税込)で商品をご提供する緊急支援策が決定。

プレスリリースはこちらhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000223.000009215.html

7.お弁当の準備を料理代行で支援

「つめるだけ。CaSyの5日分お弁当つくりおきメニュー」
冷凍保存が可能なおかずのつくりおき。小学校から高校生までのお子様1人〜2人分相当、5日間のお弁当づくりの代行。

開始日:2020年3月2日(月)
実施時間:一律3時間
料金:3時間で定価7,500円のところ、4割引の4,500円(税抜き、交通費・指名料別)
* 3時間以上のサービス時間を選択しても、3時間のサービス定価の4割引です。
* 料理代行のスポット依頼時に選択できます。
* 「お買い物代行」を利用する場合は、別途1時間1,500円(税抜き)がかかります。

プレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000010448.html?fbclid=IwAR0VWk6x3W7_BbEbSFgWe7d0lb18Yt7cBee_i2t-tyZc-iJiIsOLfR4ZiC4

8.フローレンスが健康児も対象に

通常病児・病後児のみのお預かりをご⾃宅で⾏うサービスですが、緊急⽀援策として健康児も対象に。

詳細はこちら
https://byojihoiku.florence.or.jp/news/info/12038/?fbclid=IwAR3XFbaKqod6XmNzFmiZ2SSArpXoVuMGIabf5pqzVt9qLFcHhtX3CWb6PYA

今後も新たな参考サービスの発表がありましたら、追記してまいります。