共働き家庭におすすめ!幼児食でおさえておきたい3つのポイント

仕事や育児、そして子どもの食事や健康管理など、子育て家族は様々な悩みを抱えていますよね。特に共働きのご家庭にとって、忙しい平日に子どもの食事の準備をするのは本当に大変なはず!

そこでMrelationsでは「正しい子どもの栄養管理を知ろう!明日から使える幼児食のテクニック」をテーマに、10月2日に幼児食をテーマにウェビナーを開催しました。

講師としてご登場いただいたのは、冷凍幼児食の開発や販売を手がけるhomeal代表の鬼海さん。ご自身も3歳のお子さんを育てるパパとして、日々仕事や育児に奮闘されています。homealさんによると、約8割の親が子どもの食事に困っているという調査結果もあるのだとか。

今回はウェビナーレポートとして、幼児食を準備する際におさえておきたい3つのポイントなどをご紹介いたします!

あたためるだけで簡単!冷凍幼児食の宅配サービス

「仕事が終わった後に毎日の献立を考えるが辛い」「栄養バランスを細かく考えると、料理がとても負担に感じる」など、育児をしながら家事や仕事にも取り組むのは本当に難しいですよね。

そんな忙しい毎日に大活躍するのが、homealが手がける冷凍幼児食の宅配サービス!電子レンジや湯煎で商品をあたためるだけで、親子分の食事が簡単にできあがります。

「幼児食」とは、離乳食を卒業してから大人の食事に近づけていく準備期間の食事のこと。一般的には1歳半ごろから、未就学児の6歳までの子どもが対象になるそうです。

homealが販売しているメニューは、親子2人が食べるのにピッタリサイズの健康的なメインのおかず。子どもが一人で食事をしたり、ご両親と別のメニューを食べたりしないようにという配慮から、親子で同じ内容が食べられる商品に仕上がっています。

商品の選択や注文は、すべて公式オンラインで完結!サイトから好きな商品を選び、自宅であたためるだけで簡単に食べられる優れものです。ぜひMrelationsの実食レビューもチェック!

homeal誕生のきっかけ

鬼海さんはご自身のお子さんが1歳で乳児湿疹になったことをきっかけに、homealを設立されました。

当時は会社員として、様々な企業のコンサルティングを手がけていた鬼海さん。「自分は子どもの肌の健康すら守れないのか」と、ふがいなさを痛感されたそうです。そこでお子さんの健康を考えて体の内面から見つめ直そうと、今のビジネスを2019年にスタートされました。

実は6歳までの幼児期というのは、子どもの発育にとってとても重要な時期なのだとか!というのは、記憶力や集中力を司る脳や視覚器を示す「神経系」の約90%が、6歳前後に完成すると言われているそうです。幼児期の日々の食事は、子どもの成長にも関わるとても大事なポイントなのですね。

これだけは押さえたい!幼児食を準備する際に大事な3つのポイント

「日によって子どもの好きなものが変わって大変」「炭水化物ばかり食べてしまって、野菜不足が心配」など、お子さんの食事を準備する際には、様々な悩みがつきものですよね。

そこで今回のウェビナーでは、日々の幼児食を考えるうえで大切な3つのポイントを鬼海さんから教えていただきました!

1.1週間の献立を簡単にまとめて考えてみること

まず1点目は、1週間の献立を簡単にまとめて考えてみること。もちろん保育園や幼稚園で野菜や乳製品をしっかりと摂れていれば、ご自宅では少し手を抜いても大丈夫です。

献立を考える際に参考になるのが、食べ物を栄養素ごとに6つに分類した「6つの基礎食品群」というデータです。毎日献立を考える度に、それぞれの料理の塩分や野菜の量などを調整するのは一苦労ですよね。そこでこちらのデータをもとに、おおまかにバランスを意識しながら1週間の献立を考えてみると、準備や負担も少し楽になるそうです。

足りない栄養素に関しては、簡単な副菜を用意するだけでも大丈夫!

2.子どもの気持ちや目線にしっかりと寄り添う

2点目は、子どもの気持ちや目線にしっかりと寄り添うこと。子どもには「新規性恐怖」といって、初めて見るものや体験することについて恐怖を感じる気持ちがあるそうです。例えば、初めての料理を目の前にしたお子さんに対して「なぜなかなか食べてくれないのだろう」と、もどかしさを感じたご経験はありませんか?実はそれは、とっても自然な行動なのだとか。

子どもは初めての食材や料理を食べる時に「知らないものは怖い」という意識をもっています。だからこそまずは、お子さんと一緒に「食べる楽しさ」を共有することが最優先!子どもの気持ちに寄り添いながら、楽しく食卓を囲むことを意識してみてください。

3.最高のごちそうは、大好きなお母さんやお父さんと一緒にご飯が食べられること

3点目は、子どもにとっての最高のご馳走は、大好きなお母さんやお父さんと一緒にご飯が食べられることだと理解すること。何を食べるかよりも誰と食べるかを大切にして、日々の生活を過ごしてみてください。

実は鬼海さんご自身も、料理はあまり得意ではないのだとか(笑)。そこで簡単に調理できる時短レシピを活用したり、週末にまとめて献立を考えたりと、様々な工夫をされているそうです。

一人で悩み過ぎずに、専門家のアドバイスにも頼ろう!

homealはLINEの公式アカウントを開設しており、友達追加をすると幼児食の専門家が悩みに答えてくれるそうです。

また、とっても簡単な診断に答えるだけで、お子さんに必要な栄養強化のポイントやおすすめメニューが提案される「幼児食診断」サービスもスタート!現在は公式ホームページから無料で体験できますので、ぜひチェックしてみてください。

homealのサービス詳細や購入方法はこちらから!

Mrelations PLUSの会員で、全セミナーの動画をチェックしよう!

11月オープンの有料会員制サービス「Mrelations PLUS」に入ると、お仕事や家庭の都合でリアルタイムの参加が難しい方でも、好きな時間に好きな場所でMrelationsのセミナーを受講できます!

また会員限定のイベントや交流会を通じて、働くママ同士のインタラクティブなコミュニケーションの場も提供しています。

現在は事前登録受付中!詳細はぜひこちらからご覧ください♪