育休にはメリットしかない。仕事と育児に向き合う2児のパパが語る、男性育休のすすめ

河内佑介(Yusuke Kawachi)さんプロフィール

ナリス化粧品研究開発部開発課、処方開発グループ。プライベートでは3歳と1歳の父。第二子出産時に3ヶ月間の育児休業を取得して、職場に復帰した。

早速ですが、河内さんは第二子の娘さんが生まれたタイミングで育休を取得されたと伺っています。育休取得のきっかけについて、教えてください。

第一子の妊娠が判明した時は、頭のなかに「仕事を休んで育休を取る」という選択肢はありませんでした。しかし出産後、妻の体調の変化やそれに伴う心の負担などを間近で見て、なんとかしなくてはいけないと感じて。子どもは夜になかなか寝てくれないものですし、朝出社する前に妻と子どもが2人とも泣いている日もありました。

そこで妻の二人目の妊娠をきっかけに、改めて家族をしっかりとサポートしたいと考え、育休の取得を考え始めました。

育休をきっかけに、自分の将来を見据えることができた

育休の取得に向けて、どのように仕事を進めていかれましたか?

上司に具体的に相談したのは、育休取得予定月の約4ヶ月ほど前でした。周りに迷惑をかけないために工夫したのは、同じグループだけでなく、他部署の担当者にも「これから育休を取得します」と伝えてスケジュールをしっかりと意識したこと。周囲のサポートがあったからこそ、スピーディーに仕事を進められました。

何事も一人で抱え込んでしまうと大変ですので、上司だけでなく、先輩や同僚、そして後輩にも早めに相談することが重要だと思います。

何事も一人で抱え込まないのが重要ですよね。ママのインタビューでも必ず出てくる大事なポイントです。実際に育休中はどのように過ごされていましたか?

主に家事全般を担当していました。炊事や洗濯、そして買い物など、毎日取り組まなければいけないものが本当にたくさんありましたね。最初の1ヶ月はとにかく大変で、「とても休暇ではない」というのが正直な感想でした(笑)。

家事にも育児にもほとんど慣れていなかったため、専業主婦の忙しさを身にしみて理解できたように思います。私の場合はむしろ仕事をしていた方が楽だと感じたくらいでしたね(笑)。

たしかに家事や育児をしていると、あっという間に1日が終わってしまいますよね。特に乳児の場合は、私たち親には座る暇もないといいますか(笑)

本当におっしゃる通りで、目まぐるしく日々が過ぎていきました。余裕をもって家族と接することができたのは、育休を取って1ヶ月半ほど経った頃だと思います。

今までは育児を「手伝う」という感覚が強かったのですが、育休を通じて「家族一緒に取り組むもの」という気持ちが芽生えていきました。

そして少しずつ目の前のことに慣れてきたおかげで、次第に自分の仕事や人生について考える時間も増えていきました。

育休はご家族だけでなく、ご自身とも向き合う時間になったのですね。どのようなことを考えたのでしょうか?

私は社会人になってから約10年間、仕事ばかりの生活を送ってきました。もちろん仕事はとても好きでしたし、やりがいも感じていたのですが、育休を通じて自分と向き合う時間を作れたおかげで、仕事以外の物事をあまり重視できていなかったことに気付いて。

今後自分の将来のためには何ができるのか、家族のためには何ができるのか。じっくりと腰を据えて、これからありたい姿について考えるようになりました。

特に男性の場合は、人生の中心に仕事を据えている人が多いですよね。まさに「仕事こそが生きがい」だと感じている方も多いのではないでしょうか。

しかし私自身は育休の間仕事から離れたおかげで考え方が変わり、仕事以外の時間も重視したいと思うようになりました。

男性育休は、仕事と家族のどちらにも大きなメリット

育休後はどのようなスタイルで働かれていますか?

効率的に働き、できるだけ早く帰るようにしています。以前よりも計画的にスケジュールを組み、メリハリをつけるようになりました。現在は化粧品の中身、処方を検討する仕事に携わっているのですが、育休後も変わらず研究開発の主任として働けて、会社にはとても感謝しています。

また、「できないことはやらない」という意識ももつようになりましたね。まさに、選択と集中を意識して日々を過ごすようになりました。

もちろん仕事も家族も同じくらい大切ですが、家族を守るためには仕事が必要です。そして家族に仕事を理解してもらうためには、まず家事育児について男性が理解することが大事。だからこそ、男性も育児に参加することが不可欠だと思います。この相乗効果を感じることができたのは、育休の大きなメリットでしたね。

ありがとうございます。では最後に、育休取得を考えるパパにぜひ一言お願いします!

育休を取って職場を離れてしまうことをデメリットと捉える方も多いかと思いますが、むしろメリットしかないと感じています。私の場合は育休を通じて、働き方や生き方をじっくりと考えることができました。

これからどのように生きていきたいのか、どうやって仕事と向き合いたいのか。育休の取得は、今までの自分とこれからの自分をしっかりと見つめ直すチャンスを与えてくれるはずです。

また、私が休んでいる間は後輩が大きく成長してくれましたので、仕事も職場もきっとなんとかなります。そして子どもと接した時間が増えたせいか、今後は小さなお子さんも安心して使える日焼け止めを作りたいという目標もできました。育休を通じて得た新たな気持ちと視点を大切にして、これからも仕事に育児に取り組んでいきたいと思います。


第二子の娘さんが生まれたタイミングで、約3ヶ月の育休を取得した河内さん。育休を通じて将来を見つめ直した体験談のほか、「育休にはメリットしかない」という強いメッセージが心に残ったインタビューでした。

Mrelationsでは今後も、積極的に育児に向き合われているパパやそのパートナーにインタビューを行い、貴重な経験を皆様にナレッジシェアしていきます。インタビューに答えてくださる育休取得経験のあるパパも大募集中です!取材・寄稿をご希望の方は、お問い合わせよりご連絡ください。