もっと周りに頼ってほしい。助産師ママがすべての妊産婦に伝えたいメッセージ

杉浦 加菜子(Kanako Sugiura)さんプロフィール

じょさんしONLINE代表。1985年生まれ、愛知県出身。名古屋大学で看護と助産を学び、東京の産婦人科に勤務。第1子を出産後夫の転勤によりオランダへ。 オランダ滞在中に第2子を出産。再度夫の転勤で日本へ帰国し、じょさんしONLINEを起業。 妊娠・出産・育児の不安をすぐに相談できるサービスを展開している。

これまで助産師として、東京や海外を行ったり来たりの生活を送られてきたと伺っています。

キャリアのスタートとしては、名古屋の大学を卒業後、東京の産婦人科に助産師として就職しました。 その後は妊娠を機に退職。夫の転勤で、東京や地元の愛知を行き来する生活を送りました。そして夫のオランダへの赴任が決まり、産後9ヶ月の長女をつれて、現地での生活を3年ほど経験。その間に次女をオランダで出産しました。

私自身は小学生の頃アメリカに住んでいたこともあって「いつかはもう一度海外に住んでみたい」と考えていて。そのため、夫の海外赴任についていくこと自体に迷いはありませんでしたね。

日本からオランダに行く時点では、特に仕事には就いていませんでした。子どもが小さいうちはできるだけ一緒にいたいと考えていたので、専業主婦でいることに対しては全く後ろめたさはなかったですね。

妊娠中や子育て中に欠かせないのは、気軽に相談できる身近な存在

3年間滞在されていたオランダでは、子育てはいかがでしたか?

街を歩いていると優しい方が多かったので、そういう意味では子育てがしやすい環境だったと思います。公共交通機関にはベビーカーをセッティングできるスペースが確保されていて、子育てに配慮された街だなと感じる場面も多かったですね。

ですが言葉の壁や文化の違いなど、不安や違和感を覚えることもありました。

子育て中はただでさえ不安に感じることも多いですよね。さらに海外となると、より大変な部分もあったのではないでしょうか。

そうですね。病院でちょっとした相談をしたいと思った時に、うまく表現できずにもやもやしたこともありました。

こうした自身の経験もあり、オランダに住んで1年ほど経ってからは、徐々に現地の日本人の妊産婦さんを対象にした活動をスタート。マタニティヨガを教えるなど、ボランティアをベースに活動を進めていきました。

たしかに医療機関も含めて、気軽に相談ができる場所はとても大事ですよね。

オランダではなかなか気軽に頼れる人がおらず、何より私自身が心細い経験をしました。だからこそ、少しでも現地の日本人のサポートをしたいと思ったのですよね。

そしてオランダ滞在を経て東京に戻ってからは、2年ほど子育てに専念。ですがその間にも「助産師という職業を生かして、私も誰かの育児の助けになりたい」と考えていて。 そこで、場所を問わずにいつでもつながれるオンライン環境を使って、妊娠や出産に関する相談ができるサービス「じょさんしONLINE」を立ち上げました。

自身の原体験をもとに、いつでもどこでも助産師に相談できるサービスを立ち上げる

「じょさんしONLINE」のサービスについて詳しくお伺いできますか?

個人向けには、妊娠や出産、そして育児などをテーマに、妊産婦さんやママの相談に答えるオンラインサービスを運営しています。また、授乳や卒乳といったテーマを設けてオンライン講座も開催。法人向けには、福利厚生として導入いただけるサービスの拡大を検討しています。

現在は日本からサービスを展開していますが、オンラインという特性もあり、ドイツやシンガポールなど、海外に住む日本人の妊産婦さんからの利用も多いですね。

今は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、オンラインでサービスを受けられるのは嬉しいですよね。特に妊産婦さんの場合は、家で安静にしていなければいけない時期もあるので、心強いと思います。

ありがとうございます。オンラインでサービスをお届けしていると、男性も気軽に参加できる点もオンラインならではのメリットだなと感じるようになりました。女性と比べると、男性が出産や子育てについて学ぶ機会はとても限られていますよね。だからこそ「じょさんしONLINE」では、男性も気軽に参加できるオンラインイベントや講座も定期的に開催しています。

それは面白い発見ですね!じょさんしONLINEには、どのような助産師さんがいらっしゃるのでしょうか?

日本を拠点にしている助産師以外にも、タイや中国、そしてフランスなど、様々な国に居住する助産師が集まっています。こちらから声をかけたり、逆に弊社のSNSを見た助産師から声をかけてもらったりしながら、ともに活動する仲間を少しづつ増やしてきました。

「子どもが離乳食を食べてくれない」、「理想の育児ができない」。そんな相談に対して、13人の助産師たちが一人ひとりに寄り添い、それぞれに合った方法を一緒に考えさせていただいています。今では予約をすれば基本的に24時間、いつでも助産師につながることが可能です。

妊娠や出産という貴重な経験を、大切にできる社会をつくりたい

これまで多くの妊産婦さんと関わってきたなかで、どのようなことを感じていますか?

「もっと人に頼ってほしい」と感じることは多いですね。妊娠や出産は「病気」ではありませんがとても大変ですし、何より子育てにはかなりの労力がかかります。

うまくいかない時や迷った時には、助産師だけでなく、何とかして一緒に乗り越えようと考えてくれる人が周囲に必ずいます。だからこそ、周りに積極的に頼ってほしい。妊産婦さんもママも絶対に一人ではありませんし、もっとご自身のことを大切にしてほしいなと思います。

たしかにすべてを一人で抱え込んでしまって、辛い想いをしてしまう方もいますよね。

そうですね。現在は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、なかなか先が見通しづらい状況にいる方も多いように思います。出産や産後の育児生活をどうしたらよいかわからず、とまどっている妊産婦さんたちもいらっしゃいます。

辛かったり苦しかったりする時に周りに頼れないと、産後うつにつながったり、自死を考えてしまったりする場合もありますので、今こそ周りのサポートがとても重要だと痛感していますね。

そうですよね。杉浦さんも仕事に育児にとお忙しいと思いますが、両立に関してはどのようなポイントを意識されていますか?

家事も育児も大変な場面も多いですが、そういう時こそ家族や夫婦間でしっかりとコミュニケーションをとることが大切だと思います。しっかりと想いを口にして相手に伝えなければ、なかなか問題は解決できません。

子育てに関していいますと、現在は8歳と4歳の子どもがいますので、上の子どもが小学校から帰宅する時間にはできるだけ家にいるようにしていますね。

ありがとうございます。では最後に、妊産婦さんやママたちにメッセージをお願いします!

妊産婦さんは自分のお腹の中で一つの大切な命を育むという、とても大きな仕事をされています。妊娠や出産は、人生に一度しかないと言えるほど貴重な経験です。だからこそ私たちも、その体験を大切にできる社会を作っていきたいと思います。

辛い時や苦しい時は一人で抱え込まず、積極的に周りの人にも頼りながら、何よりもご自身を大切に過ごしていただけますと幸いです!


ふんわりと柔らかい雰囲気を纏いながら、「妊産婦さんたちをサポートしたい」という強い意志をもつ姿がとても印象的だった杉浦さん。いつでもどこでもオンラインで気軽に相談できる「じょさんしONLINE」のサービスは、多くの妊産婦さんたちから重宝されるものだと感じました。

現在「じょさんしONLINE」は、産前産後から継続した助産師のオンラインサポートを提供するためにクラウドファンディングにも挑戦されています。

https://readyfor.jp/projects/josanshi-online

ぜひページをチェックしてみてください!