キャリアアップするほど両立の壁?!産後の体力低下、メンタルバランスとどう向き合う?~Woman Morning Session Vol.13 レポート~

M relationsでは、ミレニアム世代の働くママと、将来の”育児と仕事の両立”に不安を持つ女性が集まり、”ママを取り巻くキーパーソンとの関係構築”をテーマに、不安や悩み、自分自身の実体験を共有し合う座談会を定期的に開催しています。

私たちMrelationsは、「ママになっても働き続けたい、キャリアアップし続けたい」「育児も仕事も同じくらいのボリュームで」と思うキャリアに対して意欲的なママ、働いているママたちが、少しでも私たちの発信をヒントに周囲とのリレーションを良好にしていってほしいと考えています。

周囲とのリレーションが良好であれば、仕事も育児も、自分自身のことも、ママはなにかを諦めることなく人生を楽しめるのではないでしょうか。

今回は、ママの体力低下、メンタルバランスのとり方など幅広い悩みがあがり、それぞれの話題でとっても深い話ができました!

今回も多種多様な方にご参加いただきました。

参加者


Shoko 自営業/長女2歳

Aさん 会社員/フレックス勤務/長男16歳/長女12歳

Bさん 派遣社員/長女6歳/次女3歳

Cさん フリーランス/長女2歳1ヶ月

Dさん 会社員/フレックス/長女2歳

Eさん フリーランス/フレックス/長女7歳/長男2歳5ヶ月

限られた時間の中で体力を維持するには

産後の体力低下、みなさん感じていませんか?私は体力維持のためにパーソナルトレーニングに行ったり、食事に気をつけたり、サプリをとったり…としていますが、まだまだ体力つけるには足りていません。

私は食べ過ぎると夜寝ちゃうので、食べ過ぎないように意識しています。私は日課として、夜12時半から20分くらいで、翌日の夕飯作りをしているんです。また毎朝4朝起きをしていて、子どもが起きるまでの2時間くらいを仕事にあてています。とにかく睡眠不足は育児期間は仕方ないですが、辛いですよね。ジムに行く時間はないので、スクワットを毎日30回やっています。サプリなどは全然飲んでいません。

私も30代後半になり体力が急降下しているのを感じますね。最近は、体力向上のためにジョギングを始めました。あとは、晩酌を控えるようにしたり。でも6時間寝ても全然足りないです。

私も6歳3歳の底なしの体力を受け止めるのに必死です。寝かしつけて気が付いたら11時ぐらいになって、「やりたいことがたくさんあるのに睡魔と戦っている」なんてことも多いです。

元々は全然風邪をひかないタイプでしたが、産後急激に体調を崩しやすくなってしまって、精神面でもナイーブになってしまいました。それを改善したいと思って、自分で色々調べた結果、筋トレがいいと知って。最近はジムに通い始めて筋トレをしています。

この大変な時期が一生続くわけではない

保育園に預け始めた当初を考えると、娘も丈夫にはなってきましたが、まだ発熱も多いです。家事代行は利用してますが、どうしても外せない案件のあるとき、夫婦で調整もできないときに、うまくシッターサービスを使いたいのですが、うまく活用されてる方のお話をお聞きしたいです。

掃除は、カジタクというサービスを使ってます。鍵を渡して、毎週1回、3時間しっかり掃除してもらっています。月5万円ほどかかりますが、この状況がずっと続くわけではないので、この大変な時期だけは「お金で解決できること」は迷わずに解決するために投資してます。子どもの教育費も相当かかっていますが、一生続くわけではないですからね。

私は、近所の栄養士さんがお惣菜をおすそ分けして届けてくれる「マチルダ」というサービスを週3回使っています。600円で子どものプレートつくってくれるので、色々なサービスも試しましたし、調理器具を揃えたりもしましたが、今はこれが一番助かっています。

市販のお惣菜は、小さい子どもには味付けが濃いし、栄養バランスを考えてもそういったサービスはいいですよね。

私は、外部支援はいろいろ調べるものの、まだ使っていません。娘が喘息を持っているので、風邪などは長引きやすく、病後児保育や病後児保育などは活用しています。

病児保育は予約を取るのも激戦と聞きますが、どうですか?

すごく予約がいっぱいなので、コンサートの予約ばりに電話をかけまくっています(笑)病後児の方は、割と空きも多くて、当日キャンセルも出たりするので病児よりは予約が取りやすいです。

育児と仕事の両立におけるメンタルバランスのとり方

育休中、子どもと向き合うのが辛い時間が多かったんです。自分自身でいっぱいいっぱいになって涙止まらなくなってしまったり。今もまだ少し精神的にナイーブな感じが続いてます。母になったことで、社内の男性の女性の扱い方に敏感になってしまって。。みなさん育児と仕事の両立の中で、ご自身のメンタルのバランスはどうとられていますか?

私は子どもがいなかったら、間違いなく23年間も今の男社会の会社で働くことはできませんでした。それでもできたのは、子どもの存在のおかげです。仕事を通して、子どもにメッセージを残したいという想いでやってきました。

こうやってバリバリと言われる働き方をしていると、「仕事を優先している」と思われがちですが、子どもに「仕事をやめてほしい」と言われたら、いつでもやめる覚悟をもってやってきました。そもそも育児と仕事を完璧に両立することってないと思っていて。自分のキャリアアップとともに仕事の責任も増えますから、仕事でのレベルを高めれば高めるほど困難。

ではどうやってバランスを取るのかというと、その日によってバランスが変わっていいんです。完全に子ども9割の日もあれば、その逆の日もあります。日によって柔軟に対応していかなければ、絶対にパンクしてしまいます

5月に仕事復帰したばかりですが、専業主婦の頃は、子どものことを考えすぎてしまって、悩んでしまう事が結構ありました。仕事を始めて子どものこと以外に考えることができると、「深く考えすぎて悩む」事が減ったので、精神的には今のほうがバランスが取れている気がします。ただ復帰したばかりで、仕事モードと母モードの切り替えが難しいと感じる時はあります。

以前フルタイムで仕事復帰した時に、家事育児と仕事のバランスがうまく取れなくて、夫にも子どもにも優しくできなくなってしまったんです。今は一時的に仕事のペースを落としていますが、来月からフルタイムで復帰する際は、もう少し肩の力を抜いて働けるようにしたいと思っています。仕事をすることは大好きなので、うまくバランスを取っていきたいです。

夫の仕事が急に多忙になってしまって、いろいろ考えた結果、今は、一時的に自分が少し仕事のペースを落とすことで、家事育児を負担しています。夫の仕事柄、精神的に余裕がないと、力が発揮できないと思うので、だらだらしたり、自由に飲みに行ったりすることを許容してあげたいとは思っているのですが…自分の心に余裕がないとモヤモヤしてしまいます。

外部サービスにも頼りたいのですが、子どもの人見知りが激しいので、今は自分でやっています。妹が専業主婦で子ども二人を育てているのですが、それはそれで、幸せそうな様子を見ていると、我が家のベストバランスはどこなのか、三人でいる限られる時間を幸せに過ごすためにどうするのがいいのか、を悩んでいる最中です。

新婚の頃はまだしも、夫婦生活が長くなると、いつまでも夫婦が常にお互い優しくできないのも、仕事でお互いに忙しいのも自然なこと。当たり前なんです(笑)なので、そのときそのとき、何を優先すべきかを考えています。


一度夫に、「私に何を求めているのか」を聞いたんです。私自身が主婦になって家事育児をしたほうがいいのか、今の私の働き方で良いのか。そしたら、「一個人としてちゃんと働いている私が良い」と言われました。夫婦でお互いに求めることを確認していくのも大事だと思います。
メンタルについては、キャリアアップしていくと求められる成果もあがって、行き詰まった時にカウンセリングに行きました。今も隔月に1回は受けています。日本では、まだまだカウンセリングは浸透していませんが、各界で活躍している女性でカウンセリングを受けていらっしゃる方は少なくありません。


私達ミレニアル世代は、まさに今働き盛り。

今回も、体力の低下、外部サービスの活用、メンタルバランスのとり方、と多様な話題があがりましたが、ワーママ歴16年の先輩ママAさんにも色々伺うことができて、それぞれに深い話が出来ました。

まだまだ日本では浸透していない「カウンセリング」ですが、共働き夫婦が増加している日本社会でも必要な手段のひとつとなってきています。今後は、育児と仕事の両立に欠かせない存在になっていくのかもしれませんね。

今後もこうした日々の仕事と育児の悩みをナレッジシェアしていくことで、少しでも両立に奮闘するミレニアル世代のママたちの役に立てれば、そんな思いを持ちながら、引き続きこのセッションを開催していきます。