ワーママスケジュール名鑑 #010【マーケティング事業部長・33歳・橋本響子さん】

今回のワーママスケジュール名鑑は、3歳のお子さんの子育てをしながら事業部長を務める橋本さんのスケジュールを公開。夫との家事子育てで大事にしている考え方とは‥?


Profile
橋本響子(千葉県・33歳)
千株式会社 事業開発部/マーケティング部 事業部長
大阪府出身。一児の母。新卒でモールのECを経験後、アロマメーカーでウェブマーケティングに5年ほど携わる。出産後、こどもに関わるサービスに従事したいと考え、幼稚園保育園等にイベントフォトを提供する会社に就職。 これまでの経験とリアルなママ目線を大事にしながら、マーケティング、事業開発に関わる。

育児と仕事の分担について

女の子(3歳7ヶ月)

子どもの預け先
認可保育園

育児の分担の割合
平日 自分:5 夫:5
休日 自分:5 夫:5
親支援(夫の実家):あり

ステータス
#リモートワーク#マーケティング

1日の過ごし方(平日・土日)

育児と仕事の両立に欠かせないこと3選

①完璧主義にならないこと
育児において完璧やぜったいはない!だからこそ、「こどもが元気に過ごせていれば、あとはまぁなんでもいっか」というぐらいの気持ちで毎日を過ごします。

②時短家電
掃除はルンバが、拭き掃除はブラーバジェットが、食器洗いは食洗器がやってくれます。「家事は自分がやらなければならない」という固定概念を捨てて、家電ができることは家電に任せ、時に家事代行も活用して、日々の家事を極力減らしてます。

③夫とのコミュニケーション
①と②があっても、これがないと絶対になりたたない!1人でがんばってイライラしてはよくありませんし、相手に任せっぱなしでもよくない。しっかり分担してたくさん話して笑って、2人で子育てを楽しんでいます。夫への感謝は忘れずに、これからも協力しあいたいなと思ってます。